リライト用記事とは?

リライト用記事」とは、
オリジナルの記事を有料メルマガ内で配付しますが、
その記事はそのままの利用は禁止とさせていただき、
必ず「リライト」をしていただくという条件で、
利用を許可した記事となります。

リライト」の条件としては、以下のものは禁止とします。
・「ですます」調を変更する
・いい方を変える、方言に変換する
・フレーズをのまま転用、転載、コピペする

このような中途半端なリライトは禁止とさせていただきます。

必ず、「リライト用記事」内容を読み、理解し、
ご自身の言葉ですべて、ライティングしてください。
もちろん、よく似た内容になるのは問題ありません。

ちなみにこの「リライト用記事サービス」のオリジナル記事は、
弊社の方で被リンク用ブログの記事として利用する予定(利用済み)です。
この被リンク用ブログというのは、
被リンクサービスの「質の良い被リンク用ブログ」として利用しますので
今後、有料メルマガ会員の方にも利用していただくものですから、
リライト用記事をそのまま転用(コピペ)すると、
質の良い被リンク用ブログの価値が下がりますので、
記事は必ず、リライトしてご利用ください。

記事の利用法としては、リライトが基本となりますが、
以下の4つの利用法も参考にしてください。

1つ目は、
1つのテーマで30記事という「まとめられた情報」を読めば、
まったくなにも調査しない、知識を得ない段階で記事を書き始めるよりも、
確実に、ライティングスピードは速くなります。

2つ目は、
「リライト用記事」で使用しているキーワードは、
有料メルマガ掲示版で配付している需給バランスのとれたキーワードと同じようなものです。
ですから、有料メルマガで配付しているキーワードでライティングする場合に
今回の「リライト用記事」が大変参考になります。
※「リライト用記事」で使用しているキーワードは、
有料メルマガ掲示版で配付しているキーワードとは異なるキーワードを利用しています。

3つ目は、
「リライト用記事」で使用しているキーワード、記事内容は、
アフィリエイト用記事」として販売しているものと同じようなものです。
ですから、「アフィリエイト用記事」をご購入されたテーマが、
「リライト用記事」のテーマと同じようなテーマであれば、
ブログで追加記事をライティングする際に、
今回の「リライト用記事」が大変参考になります。
※「リライト用記事」で使用しているキーワードや記事内容は
「アフィリエイト用記事販売」で使用しているキーワード、記事内容とは異なるものです。

4つ目は、
「アフィリエイト用記事販売」で購入できる記事の質がどれぐらいのものなのか、
「リライト用記事」をいくつか確認すれば有る程度、推測できるかと思います。
今後の記事購入時のひとつの目安にしていただければと思います。

このような感じで、「リライト用記事サービス」を準備段階として始めますので、
どうぞ、有意義にご利用、ご活用いただければ幸いです。
その場合は、必ず「リライト」をお願いします。
転用、転載、コピペは、厳禁とさせていただきます。

この記事を見た人はこちらの記事もよく閲覧されています。

カテゴリー: 有料メルマガについて パーマリンク

コメントは停止中です。